ブログを書けなかった理由と成人を迎えた心境

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 21:20

皆さんこんばんは。

そして、お久しぶりです。看板娘の希です。

 

今回は、今までブログを書かなかった理由を書いていこうと思います。

かれこれ2年近くブログ更新できずにいましたが、それは書きたくないのではありません。

ちゃんと理由があります。

 

私は岩戸養護学校を卒業後、横須賀市内の作業所に通所しています。

そこであった行事のことを書きたいなと思ってはいるのですが、どこまで書いたらいいのか

わからないのです。なぜなら、個人情報が絡んでくるから。

学生のときは、学校の先生や友達(場合によっては友達の親にも)に許可を取ればいいだけでした。

ほとんどOKしてくれて、毎回楽しく書いていました。考えてみれば、平日はほぼ必ず会っているし、

一緒にいる時間も長いので、お互いのことをよく知っている関係だったわけです。

 

ところが、今は違う。毎日同じ人に会えるわけでもなければ、互いによく知っているわけでもない。

私自身、そこに入って2年目の若手で、同じ部屋には自分が小さい頃からそこに通ったり、

勤めているというベテランの利用者さんや職員さんがたくさんいる。

いきなり若い子が「このこと、ブログに書いてもいいですか?」と聞いてきたら、そりゃあ驚くだろう。

それに、親御さんだっている。中には書かれたくない人もいるかもしれない。

 

正直、どこまで許可を取ればいいのか、どこまで書いたらいいのか、わからないから書くに書けない。

今、この記事を読んで「考えすぎじゃないの?」と思う人もいるだろう。

だが『仕事』とは、『職場』とは、そういうものだ。仲良く、親しくはなれる。

でも、触れられたくないことだってある。そして、その境界線は難しい。これが、私の学んだことです。

 

 

話は、変わって。私、鈴木希は昨日無事に成人いたしました。

とはいっても、式には出ていないので実感がわいていないのですが。お昼に家族全員でお寿司を食べて

お風呂あがりに人生初ビールをいただきました。飲んだのは、キリンビールの一番搾り。

父が生前毎日のように飲んでいた、私にとって思い出深いビールです。

飲みながら「お父さんもこの味を味わっていたんだな・・・」としみじみ感じていました。

胸の奥がジワ〜ッと熱くなって、なんとも言えない気持ちになりました。

涙は流さなかったけど、心の中では泣いていました。

 

これで大人になれたかはわかりませんが、その名に恥じぬよう進んでいければと思います。

速くいこうとしなくていい。ただ、後悔がないように。少しずつ前へ・・・

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM