父とやってみたかったことブログ 第二回

  • 2014.11.29 Saturday
  • 18:00
皆さんこんばんは。
看板娘の希です。

今日も、思いついたアイデアを書いていこうと思います。今回は、1つに絞って書いていきます。
それは「障害者雇用に革命を起こす」ことです。
障害者雇用については、父度かこのブログで書いていますが、
障害者の中でも私のような「肢体不自由児」は、就職が極めて厳しいのが現状です。

そこで、自分たちで会社をつくって「障害者雇用の壁をぶち壊そう」と父はクリーニング業と両立する形で活動していました。
私も、一緒に何かをしたいと思った。それと同時に「何が起こるんだろう?」と心の底からワクワクした。
だから、高等部を卒業したらその会社に就職するか、就職しなくても会社づくりのちょっとしたサポートが
できたらいいなと思っていました。学校でも、そんな話を度々していました。

しかし、父は突然のがんに蝕まれ、そして若くして逝ってしまった・・・
私は、父の想いを引き継ぎます。たとえ自分の「声優になりたい」という夢を捨てようがそんなことはどうでもいい。
私はただ、見てみたいだけ。父が見たがっていたものを。
「障害を持っていっても働くことのできる会社」と「その会社で働いている人たちの笑顔」を。
私は、そのためにこれからも歩いていきたいと思います。

とここまで書いてきましたが、いかがだったでしょうか。
えーっと、ここで言っている「父とやってみたかったこと」とは、最初の方に書いてある「障害者雇用の革命」です。
父子で誓いあった夢なので、どうしても書きたいと思い、書いてみました。
長文になってしまい申し訳ありません。それではまた次回にご期待ください。
コメント
またまたコメントします。
のぞみちゃん、お父さんに似てる。

実は私病気があるんだ。
身体ではなく大まかに言うと内部疾患。
色々苦労する事もある。
交通機関・公共施設とかの物質的バリアフリーは進んできたけど、心のバリアフリーは日本はまだまだ発展途上国だから大変だよね。

私にどれだけの事が出来るか分からないけど、手伝わせてほしい。
その時が来たら連絡ください。
お父さんとはFacebookで繋がってるから。
  • 石井
  • 2014/11/29 6:57 PM
石井さん、コメントありがとうございます。
やっぱり、父さんに似てるところがあるんだ。
親子だし当然か。

石井さんの気持ち、とっても嬉しいです。
石井さんの力を借りる時が必ず来ると思うので、
その時が来たら、連絡をします。
  • のぞみ
  • 2014/11/29 7:50 PM
のんはちゃんと一つ一つ自分なりに整理しててホッとしてます。
まだまだ一杯あることでしょう!
どんどん書いてお父さんに伝えて。
前に会社のロゴを作ってて、ちょっとアドバイスしたんだけどのんに伝わってますか?

自分の体調管理はもちろんですが、お母さんの体調管理もお願いしますね。
  • 渡邊裕子
  • 2014/12/01 12:36 PM
ノンちゃん、是非お父さんの夢を叶えてあげて下さい。障害者雇用の革命こそ、お父さんが一番やりたかった事だと思います。 是非お父さんの “のぞみ ”を実現させて下さい。この様に語える娘さんを育てたお父さん、お母さんを私逹は本当に尊敬しています。 同級生一同より
  • つかさ
  • 2014/12/02 9:12 PM
うんうん頑張ろう!
私も一緒に頑張るよ!
微力だけど私も力になるって、お父さんと約束したから!
頑張ろう!
  • りゅうママ
  • 2014/12/22 11:25 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM